特別価格Bセット
《 6本セット》
試飲会価格以上にお買い得なポニーワイン厳選のワインセット
販売期間:2020年11月30日まで(なくなり次第終了)


 
 
アルコール度/13.5%
ph/3.58
酒石酸/6.0g/l
残糖量/辛口
ブレンド比率
カベルネソーヴィニョン45%
メルロー41%
カベルネフラン14%


TE MATA AWATEA 2016 
テマタ アワテア 2016

 
ルーツ :アワテアはマオリ語で「夜明けの目」という意味を持つ、伝説の船『アワテア号』に由来します。アワテア号は1930年代にオークランド、シドニー、ウエリントンを結ぶルートを航行した船ですが、第二次世界大戦中には軍輸送船となり1942年にアルジェリア沖で沈没しました。
ブドウ畑 :アワテア2016のブドウはテマタエステートの畑から2016年3月26日から4月20日の間に収穫されました。ブドウは区画ごとに徐梗し伝統的な温発酵を行ったあとで果皮をつけたまま醸しを行いました。その後、新旧のフレンチオーク樽に移して16ヶ月の熟成を行いました。この間、常にトッピングと澱引きをしました。出来上がったそれぞれのワインは2017年1月にブレンドされ、樽で2年目の冬を過ごしました。その後、ワインは卵白による清澄を行い2017年11月に壜詰めされました。
テイスティングノート :深い赤紫色で濃い紅色のエッジがあり典型的なアワテアらしさが見えます。近代ホークスベイのカベルネが持つ濃くピュアなフルーツ感と、明るい花の香りが特徴です。バラ、すみれ、野生のブラックベリー、ダークプラムがアニスシードやタイムの香りと交わります。 口に含むと生き生きした赤や黒の果実、ブラックカレンツ、スパイス、ラズベリーシロップがあり、層をなす細かいタンニンを得て生き生きした辛口のフィニッシュへと続きます。アワテア2016はテマタのお届けする極上のカベルネです。
熟成 :アワテア2016は天然コルク栓で収穫から10年まで壜熟します。

 
 
アルコール度/13%
ph/3.60
酒石酸/6.5g/l
残糖量/辛口

 
LUNA ECLIPSE VINEYARD PINOT NOIR 2016
ルナ  エクリプス ヴィニヤード ピノノアール 2016

 
葡萄畑 :エクリプスはマーティンボロテラスにある認証されたオーガニック畑で、13 キロ離れたブルーロックは北向きのうねる丘にあります。  一番古い木は 20 ~ 30 年の樹齢で比較的若い生産地区では特筆されています。 排水よく、肥沃さは中程度の土壌、抑えた収穫量、樹齢の高い木などに恵まれ素晴らしい骨格と複雑な香りをもったワインが生まれます。 我々の土地はワインの心臓部となり、そこに我々の力を注いでいます。  畑のスタッフはその管理に徹底してブドウは手摘みしています。  ルナのワインづくりは飲む人に楽しんでいただける世界レベルのワインを作ることに一貫しています。
醸造 :ほとんどのブドウは除梗して除梗して開放型の小樽で発酵させました。 その間、1日に2~3回手で攪拌し平均で30日のかもしを行いました。 やさしく絞ってタンクに移し1週間ほど置いたのちに樽に戻されました。 軽くトーストし木目の細かいフレンチオーク樽(新樽30%)で12ヶ月熟成し2017年7月に瓶詰めしました。
テイスティングノート :外観は若々しい濃いルビー色。熟したレッドチェリーの繊細で明るい香りにトースト、スパイス、土のニュアンスを持つドライハーブの香りが混じり合い複雑です。味わいは大型で口で広がる印象のピノノアールです。 熟したチェリーの味わいがまず感じられます。 たっぷりのタンニンがワインを洗練しエレガントなスタイルにしています。 中盤にかけて膨らんだボディと明るさは長く複雑なフィニッシュまで続きます。 著名な畑からのピノノアールならではのパワーとエレガンスに溢れリリース直後から楽しめますしセラーで 5 年以上瓶熟します。

 
 
アルコール度/13%
ph/3.66
酒石酸/5.7g/l
残糖量/辛口


TE MATA ESTATE  VINEYARDS PINOT NOIR 2017
テマタ エステートヴィニヤーズ ピノノアール 2017

 
栽培 :テマタエステートが所有するウッドソープテラスの畑から2017年3月7日と22日の間に収穫しました。
醸造 :区画ごとに収穫したピノノアールは除梗した後で発酵させ、果皮につけたまま置いたあとで圧搾しました。 その後、新旧のれぞれのフレンチオーク樽に移して8ヶ月熟成しました。
テイスティングノート :ふくよかな香りが印象的。ダークチェリー、プラムの明るい香りで始まり、口に含むとふっくらとしたボイズンベリー、イチゴなどの香りに引き継がれます。 細かく柔らかなタンニン、フレンチオークの印象、やさしいサンダルウッドやカルダモンなどのスパイスの味わいが長く満足のゆくフィニッシュへと続きます。
フードマッチ : すべての赤身の肉料理、ジューシーで軽くスパイスされた地中海風料理、ソフトチーズに合います。
熟成 :リリース後すぐに楽しめます。収穫から2~4年壜熟します。

 
 
アルコール度/13.3%
ph/3.18
酒石酸/5.9g/l


VALENTINE CHARDONNAY 2018
バレンタイン シャルドネ 2018

 
栽培地域 :ヤラ・ヴァレー
葡萄畑 :アッパー・ヤラ・ヴァレーのウーリ・ヤロックの町にあるローン・スター・クリーク。黄土色の石灰土壌の畑は北向き斜面にあります。
ヴィンテージ:冷涼な年明けから成長期にかけて暖かくなり、適度な雨にも恵まれました。フィネスとバランスのとれた自然な酸があります。 3月5日に1ヘクタールあたり6トン収穫しました。
醸造 :ブドウは手摘みされたのち、全房のまま絞った後に一晩落ち着かせました。果汁は新旧(新樽20%、一年物20%、古樽60%)に移して自然発酵させました。ワインは澱につけたまま置いて、2018年12月にブレンドしました。 1ヶ月はタンクで落ち着かせた後で2019年1月に瓶詰めしました。
テイスティングノート :緑のニュアンスが射す輝くわら色。かぐわしい花、柑橘類、リンゴ、ブリオッシュなどの香り。口に含むとナッツのような味わいも混じって繊細ながらも引き締まった印象で控えめな樽感も感じられる。 フルーツを支える酸はしっかり豊富。ミディアムボディのシャルドネで色々な料理への応用範囲は広いので、このワインの個性を味わうにはあまり冷やし過ぎない供出温度が大切。
ペアリング :季節の野菜をあしらった、フライパンで焼いた魚。ローストチキン。
熟成 :オーストラリアの冷涼気候スタイルで造られたシャルドネはリリース直後から10年以上の熟成まで楽しめます。

 
 
アルコール度/13%
ph/3.20
酒石酸/6.0g/l
残糖量/辛口


LUNA ESTATE SAUVIGNON BLANC 2019
ルナ エステート ソーヴィニョンブラン 2019

 
ヴィンテージとブドウ栽培 :8 月後半に冬が来て、9 月は冷温で雨が上がりました。 春の終わり頃にきた寒波は地域に大きな被害をもたらしました。台地の端に最も近いエクリプス・ヴィニヤードでは収穫の30%が失われました。激しい雨が11月の花が咲く時期に再び戻ってきたたために機械を使ったマシンハーベストがとても難しくなりました。「とても厳しい」春でした。夏は暑く比較的乾燥していました。
醸造 :ブルーロック ヴィニヤードのブドウを手摘みしました。ほとんどは全房のまま圧搾してタンクに移動してから冷温に置きました。一番良い品質のものはフレンチオークの古樽に移して発酵、熟成しました。残りはステンレスタンク樽で冷温発酵し、その後、澱につけたまま9か月置きました。これらをブレンドしてベントナイトで落ち着かせ冷温においてやさしくフィルターにかけました。醸造過程で動物由来の材料は使っていません。
テイスティングノート :溌剌とした緑色がかった外観を見ただけで新鮮さや若々しさが感じられます。甘酸っぱいリンゴ味のキャンディ、ライム、グリーンマンゴー、パッションフルーツの香りも飛び出してきます。 樽熟成のものから感じられる僅かなバニラの香りもあります。 味わいはジューシーで、熟した桃、砂糖をまぶしたグレープフルーツの印象もあります。 場所を選ばないで楽しめるワインで友人とともに、そして簡単なおつまみと共に楽しんでください。

 
 
アルコール度/13%
ph/3.3
酒石酸/5.5g/l
残糖量/辛口
 
 


LUNA ESTATE ROSE 2019 
ルナ エステート ピノ・ロゼ

 

ヴィンテージとブドウ栽培 :8 月後半に冬が来て、9 月は冷温で雨が上がりました。 春の終わり頃にきた寒波は地域に大きな被害をもたらしました。台地の端に最も近いエクリプス・ヴィニヤードでは収穫の30%が失われました。激しい雨が11月の花が咲く時期に再び戻ってきたたために機械を使ったマシンハーベストがとても難しくなりました。「とても厳しい」春でした。夏は暑く比較的乾燥していました。
醸造 :手摘みされたピノムニエは全房のままやさしく圧搾し、果汁はタンクに移して冷温で落ち着かせました。強く圧搾して得た果汁は樽発酵にまわしました。それ以外は清澄した後に温度管理されたタンクで冷温の長い発酵。この年は初めてスイスクローンのマリアフェルド種を導入し、温度管理が出来る開放型のステンレスタンクに入れて亜硫酸を加えた後に5度で密封しました。その後、二週間冷温につけた後で圧搾し、取り出した果汁をタンクでアルコール発酵。最後に樽発酵させたピノムニエ・マリアフェルドをブレンドしました。出来上がったワインはベントナイトで落ち着かせフィルターにかけました。 動物由来は使っておりません。 
テイスティングノート :春や夏のバルサミックな香りがします。花の香りやピンクキャンディーの香りがスイカやジントニックの持つ爽やかさに交ります。 口に含むと完熟した新鮮なベリー類の香りがします。リリース直後から楽しめます。香りがいつまでも印象に残ります。